よくある質問

HOME > よくある質問

二重まぶた形成について

埋没法の術後はいつ頃からメイク可能ですか?
手術部位以外は当日から通常通り、手術の部分は翌日から薄めのメイクは可能です。
埋没法での手術後、腫れはどれくらい続きますか?
固定する糸の本数により異なります。
  • 1点固定:2〜3日
  • 2点固定:約1週間
  • 3点固定:約10日
が目安です。
埋没法で手術した場合、取れることはありますか?
埋没法は非常に細い糸でまぶたを縫う手術ですので、後戻りすることの多い手術です。 早い方ですと1年以内に、部分的に糸が切れることがあります。
埋没法の手術は何回受けても大丈夫ですか?
非常に細い糸で行う手術ですが解けない糸を使うため複数回の手術はオススメできません。 当院では基本的には埋没法は2回まで、それ以上では部分切開か全切開の二重まぶた手術をオススメしています。
埋没法のダウンタイムはどれくらいですか?
腫れの他内出血(アザ)が腫れと同じくらいの期間、目がコロコロする違和感が約1週間程度感じられます。
他院で行った埋没法の糸を取ってもらうことは可能ですか?
手術直後でしたら可能ですが、長期間経ったあとでは糸の場所がわからない場合もあります。
部分開法の術後はいつ頃からメイク可能ですか?
手術部位以外は当日から通常通り、手術の部分は翌日から薄めのメイクは可能です。
部分切開法での手術後、腫れはどれくらい続きますか?
約1週間程度です。埋没法の2点固定と同程度です。
部分切開法の効果はどのくらい持続しますか?
部分切開法は埋没法と違い半永久的に持続しますが、全切開法に比べるとまれに戻ることがあります。
部分切開法のダウンタイムはどれくらいですか?
  • 腫れ:1週間
  • 内出血:1週間
  • 傷の抜糸:1週間
  • 傷の赤み(化粧で隠れます):約1~2ヶ月
です。
部分切開法の手術時間はどれくらいですか?
左右で約30~40分です。
全切開法の術後はいつ頃からメイク可能ですか?
手術部位以外は当日から、手術の部分は抜糸後から通常のメイクが可能です。
全切開法での手術後、腫れはどれくらい続きますか?
約1~2週間程度とお考えください。内出血も同程度です。
全切開法の効果はどのくらい持続しますか?
全切開法はほぼ100%後戻りしない手術ですので半永久的に持続します。
全切開法のダウンタイムはどれくらいですか?
  • 腫れ:1~2週間
  • 内出血:2週間
  • 傷の抜糸:1週間
  • 傷の赤み(化粧で隠れます):数ヶ月
  • です。
    全切開法の手術時間はどれくらいですか?
    左右で約1時間です。
    腫れを少しでも早く改善する方法はありますか?
    自宅でもクーリングを続けていただくこと、頭を心臓より高く保つこと、顔が赤くなる行動を控えること(うっ血をしないこと)、なるべく安静にすること、などがあります。

    眼瞼下垂について

    保険で治療できますか?
    症状や状態によっては可能となります。医師の診断によって判断しますので一度ご来院下さい。
    カウンセリング当日に施術可能ですか?
    健康状態や既往歴にもよりますが可能です。
    ダウンタイムはどれくらいですが?
    保険での治療の場合、約2週間程度とお考えください。
    自由診療では方法によって多少異なりますが、約1週間以内となります。
    眼瞼下垂の症状はないのですが、眼瞼下垂の手術をして目を大きくすることは出来ますか?
    眼瞼下垂に対して行う手術方法で目の開きを大きくして黒目をはっきりと見せることは可能です。しかしこれはあくまでも美容的なアプローチとなりますので、保険治療の対象にはなりません。
    治療中に痛みはありますか?
    最初の局所麻酔の注射の際には、痛みがありますが治療中は痛みはありません。
    傷跡は出来ますか?
    二重のラインがしばらく赤く目立ちますが、1ヶ月くらいであまり目立たなくなります。
    メイクはいつから可能ですか?
    メイクは抜糸後(約5~7日後)より可能です。
    眼瞼下垂は両目同時に起こるものですか?
    片目だけにも起こりますし、両目で左右差が出る場合もあります。
    腫れを少しでも早く改善する方法はありますか?
    自宅でもクーリングを続けていただくこと、頭を心臓より高く保つこと、顔が赤くなる行動を控えること(うっ血をしないこと)、なるべく安静にすること、などがあります。
    アートメイクと同時に行うことはできますか?
    可能でありオススメです。
    眉とまぶたは位置が近く、両方のバランスを取り組み合わせる事でより高い効果を得ることができます。

    眉下切開手術について

    ダウンタイムはありますか?
    • 腫れ:1週間
    • 内出血:1週間
    • 傷の抜糸:1週間
    • 傷の赤み(化粧で隠れます):約1~2ヶ月
    です。
    傷跡は残りますか?
    この手術は眉毛の生え際ギリギリの場所を切ります。数ヶ月は赤みが残りますがその後はほとんどわからなくなります。
    手術時間はどれくらいですが?
    両側で約1時間です。
    アートメイクと同時に行うことはできますか?
    可能でありオススメです。
    眉の位置と眉下の皮膚は密接な関係があり、無意識に皮膚が余って重たく感じるのを眉毛に力を入れて改善しようとしていることがあります。
    また、手術の傷を眉のアートメイクにより眉の中に隠す方法もあります。

    ヒアルロン酸について

    ヒアルロン酸とは何でしょうか?
    皮膚の真皮に存在する成分で、大量の水分を保持するスポンジのような働きがあり、肌表面の弾力や保湿に影響します。その成分を補充して、真皮の厚みを回復し、皮膚に張りとボリュームを持たせる治療方法です。
    注入の際、痛みはありますか?
    注入量や場所による差や、個人差があり、無痛ではありませんが、あまり心配は要りません。注入時の注射針は細い針を使用しています。また、痛みに弱い方にはテープ剤等の局所麻酔薬の使用をお勧めしております。
    アレルギーは大丈夫でしょうか?
    ヒアルロン酸はもともと人間の体内にある成分ですので、アレルギーを起こす可能性は極めて低く(約0.05%)なっています。 また、アレルギー反応が出ても赤み程度の軽度なものです。
    施術の当日に飲酒しても大丈夫ですか?
    ヒアルロン酸注入の場合、特に飲酒の制限はございません。ですが例えば内出血が出てしまった場合等は飲酒をされますと、内出血が引きにくく恐れがあるので、施術当日は飲酒をお控えいただいたり、もしくは飲酒の量を調整いただいた方が良いでしょう。
    一回の治療の時間はどのくらいですか?
    注入部位にもよりますが、おおよそ15分から30分くらいで終わります。
    治療(注入)の痕は残りますか?
    ポツポツと注射の針跡が残ることもありますが、注入から2~3日以内には消えてしまいます。処置後わずかに赤みを帯びる場合がありますが、自然に治っていきます。まれに、内出血を起こす場合があります。特に目元で起こりやすいのですが、10日間ほど赤紫色のアザのようになり、その後色は徐々に消えていきます。
    ダウンタイムはありますか?
    浅い層のシワに注入する場合、皮下出血(あざ)が発生することがありますが、通常の化粧でほぼ隠せます。
    深い層への注入ではごく針穴から管を使い注入を行います。この場合は針穴のみなので、約1日でほとんど見えなくなります。
    どれくらいの頻度で注入するのが妥当ですか?
    当院で使用するヒアルロン酸は長期間持続することが特長です。とは言え、1年を過ぎた頃から徐々に減退してくることが確認されていますので、途中で追加することで満足度の高い状態を保てます。

    ボトックスについて

    ボトックスでどんな治療ができますか?
    ボトックスは表情しわに効果的です。表情しわには、眉間の縦しわ、額の横しわ、目尻のしわ、アゴのしわ、口元のしわなどがあります。ボトックスはしわ以外に小顔治療、目を大きくする、脚を細くするなどのプチ整形や、多汗症治療もあります。また、額をリフトするリフト効果もあります。
    治療にどれくらい時間がかかりますか?
    治療は5分程度で終わります。麻酔に別途、30分程度お時間を頂きます。
    効果はどれ位持ちますか?
    ボトックスの注射後1~7日で効果が現れ、持続期間は3~5ヶ月ほど続きます。小顔治療や足を細くする治療では4~6回程度繰り返すと筋肉が縮むのでより長い期間の効果が期待できます。
    ボトックスは痛いですか?
    可能な限り痛みの少ない方法で行いますが、注射の瞬間にはある程度の痛みはあります。当院ではなるべく痛みを抑えるために、アイシングを行ったり極細の針で注射したり、対策を行っています。
    ダウンタイムはありますか?
    34ゲージという細い針を使用しますのでかなり頻度は低いですが、小さなアザができるかどうかです。
    どれくらいの頻度で入れるのがで妥当ですか?
    ボトックスの持続期間は3〜5ヶ月程度ですので、1年に2〜3回程度の頻度がオススメです。

    糸リフトについて

    どの糸で施術して良いのか分かりません
    まずどこを引き上げたいか、次にどの程度引き上げたいかによって糸の種類と本数を決めます。
    糸の太さ(柔軟性)、素材、形によって必要な本数が決まっていて、引き上げたい場所や程度によって数種類の糸を組み合わせる事も可能です。
    糸リフトとレーザー治療は並行して行うことは可能ですか?
    可能でありオススメです。
    糸は比較的深い層を引き上げ、レーザー治療や超音波治療は比較的浅い層に効果があるので、両者を組み合わせる事でより高い効果を期待できます。
    ダウンタイムはありますか?
    針穴から糸を挿入しますので、その穴が数日間ありますが翌日からメイクで隠すことが可能です。
    内出血が起こる事もありますが、同様にメイクで隠すことが可能な程度です。
    糸で引き上げた部分が最初の1週間くらい、突っ張ったような感覚を感じますが周囲にばれることはありません。
    傷跡などが残りますか?
    針穴はごくわずかですので、傷跡はわからなくなります。
    糸を入れた後違和感などありますか?
    約1週間程度、笑った時に違和感を感じることがあります。
    約1週間程度、笑った時に違和感を感じることがあります。
    トキシルは約6ヶ月、Nコグ、Nフィックスは約1年、ミントリフトは約1.5〜2年程度が目安です。
    どこにどのような糸を使うのですか?
    • Nコグ:糸が細くしなやかなので、表情を作るときに動きの多い部分に向いています。(顔の下2/3など)
    • Nフィックス:糸が太くしっかりしているので、表情を作るときにあまり動きのない部分に向いています。(顔の上1/3など)
    • ミントリフト:顔全体。こめかみから顔の下半分に糸を挿入するのでもっとも広い範囲をカバーするが、違和感はその分強い。
    • トキシル:とても細くトゲがない。小じわや表情シワなど、浅い部分に多めに使用します。

    脱毛について

    レーザー脱毛は安全ですか?
    医療用レーザー脱毛機は、医師の管理下で正しく使用されていれば、紫外線や放射線と違い人体に悪影響を及ぼすことはありません。軽いヤケドや色素沈着などのリスクはありますが、患者様ひとり一人の肌質・毛質に合わせて最適なレーザー照射条件を細かく設定し、丁寧に施術することで、安全性はさらに高まります。しらさぎ形成クリニックでは、もし万が一何らかのトラブルが発生した場合でも、迅速かつ適切な治療を、無料で行うことをお約束致します。
    照射時間はどのくらいかかりますか?
    ジェントルマックスプロを使用していますので従来の医療レーザー脱毛機よりも短時間で照射が可能です。また従来のレーザー脱毛機に比べ、照射時間がかなり短縮されています。
    レーザー脱毛は痛いですか?
    残念ながら、完全に痛くない脱毛法はありません。針脱毛ほどではないですが、レーザー脱毛もやはり痛みは伴います。部位によっても、痛みの度合いは違いますがしらさぎ形成クリニックでは、レーザー脱毛の痛みを日々研究し、高い脱毛効果を維持しつつ痛みの少ないレーザー脱毛法を実践しています。また、麻酔クリームもご用意しておりますのでご安心下さい。(別料金)
    肌が弱くてもレーザー脱毛できますか?
    もちろん施術可能です。肌が弱い方は、カミソリなどで自己処理を行うとすぐに肌トラブルを起こしてしまいますので、むしろ、肌が弱い方にこそ最適な脱毛法だと言えるかもしれません。しらさぎ形成クリニックでの医療レーザー脱毛で、医療従事者が肌の状態をしっかりチェックしながら脱毛することで、安全に体毛を処理できます。
    レーザー脱毛に向かない人はいますか?
    過度の日焼けをされている方や脱毛希望部位の皮膚に湿疹などの異常が生じている方はレーザー脱毛できません。治療後は可能となります。
    レーザー脱毛はどの部位ができますか?
    医療レーザー脱毛は、粘膜面以外は全身どこでも脱毛可能です。
    何歳から医療レーザー脱毛を受けることはできますか?
    基本的には何歳からでもレーザー脱毛を受けることはできますが思春期以前にレーザー脱毛しても、成長期のホルモンの変化で再び毛が濃くなる可能性があります。高校生以上、身長の成長が止まってからお受けになることをオススメします。
    レーザー照射を受けた当日に入浴はできますか?
    レーザー脱毛当日は、入浴を避けてシャワーのみにして下さい。また、熱いシャワーも避けてください。
    レーザー脱毛期間中は普段のお手入れはどうしたらいいでしょうか?
    ムダ毛を剃ることはかまいませんが、毛抜きやワックスは避けて下さい。次回のレーザー照射の効果が低下する恐れがあります。また、出来る限り安全・効果的なレーザー脱毛を実現するため、日焼けは避けるよう努力して下さい。
    日焼けした肌でも脱毛は可能ですか?
    日焼けした直後の赤い肌は施行出来ません。
    その後黒くなった状態では施行出来ないことがありますが、状態によって異なります。一度ご相談ください。
    当日治療する場合の準備は何が必要でしょうか?
    初回は毛の量や太さを拝見いたしますので、自己処理をせずそのままの状態でご来院下さい。発毛状態を確認させて頂いてから、ご照射をさせて頂きます。2週間以内に毛抜きなどでの自己処理をしている場合には、ご予約時にその旨を伝えて頂ければ、ご照射可能な日程で予約をお取りすることが出来ます。
    大体何回くらいで脱毛は完了しますか?
    もとの毛の量やどの程度ツルツルにしたいかによって異なりますが、通常は6回程度、ワキ、VIO,男性のヒゲなどはもう少し回数が必要となる場合が多いです。
    他の施設の脱毛としらさぎ形成クリニックの医療脱毛の違いはなんですか?
    当院の医療脱毛機は厚生労働省の承認機であり、効果や安全性を認められています。
    その他の脱毛機器は機械の仕組みや脱毛の方式が明らかになっていないものも多くあり、効果のバラツキがあると言わざるを得ません。一般的には、医療脱毛の方が回数が少なく効果もハッキリ実感できることが特長です。
    脱毛後に赤みなど出ますか?
    肌質や体質により赤みや じんましんのような反応が出ることがありますが、数日で自然に消失します。強く反応が出た場合は軟膏を処方しますので、自宅で処置をしていただくよう説明することもございます。

    アートメイクについて

    施術中痛みはありますか?
    個人差はありますが、眉・アイラインは塗り薬による表面麻酔、リップは注射による麻酔を施してからの施術になりますので、痛みはご心配無用です。
    施術部位や施術方法にもよりますが、チクチクとした毛抜きで毛を抜いたような痛みを感じられる方もおられますし、施術中に眠っていしまわれるほど痛みを感じられない方もおられます。
    刺青とは何が違いますか?
    刺青は、皮膚の深い層(真皮層)に針を入れて色を入れていくため、半永久的に色が残ります。
    それに対し、アートメイクは皮膚の浅い層(表皮層~真皮層の上層)に2~3回に分けて少しずつ色を入れていきます。そのため自然な発色に仕上がります。
    月日が経つと退色していきますが、メンテナンスによりデザインチェンジやカラーチェンジが出来て、年齢や流行に合わせた美しさに仕上げる事が可能となります。
    どのくらい持続しますか?
    個人差や施術方法、使用した色素により差はありますが、2~3年かけて薄くなっていきます。
    また、退色していくにつれ色味が変わってきますが、メンテナンスにより修正することができます。
    完全に消すには医療用レーザーで除去治療をする必要があります。
    デザインはどのように決めるのですか?
    患者様のご希望を伺いながら、施術者がお顔に直接デザインさせていただきます。
    患者様と一緒に鏡を見ながら細かい部位についてもチェックし、ご希望やお悩みを解決し、美しく、長く付き合えるように丁寧にカウンセリングを行うことを心掛けています。
    施術時間はどのくらいですか?
    カウンセリング・麻酔時間を含めますと、眉で約2時間、アイラインで1時間、リップで2時間~2時間半となります。(目安として)
    ダウンタイムはありますか?
    個人差がありますが、皮膚に傷をつけていますので、多少の腫れを生じる場合があります。腫れ止め・出血止めを塗布しながらの施術で、ダウンタイムを最小限に抑える努力をしております。
    「眉」はほとんど腫れが出るケースは少ないですが、赤みが出る方がおられます。
    「アイライン」は泣いた後のようなむくみのある感じになる方が多いです。
    「リップ」は、特に上唇が腫れぼったくなり、刺激物を食べたときに沁みますが、アフターケアとして各部位に軟膏を塗布・お渡ししますので、数日間とお考えいただければ良いと思います。
    アートメイクを施術するとMRI検査が受けられなくなるのですか?
    使用する色素内の酸化鉄の含有量はほんの微量であり、検査に支障を来すものではありません。
    しかし、医療機関ではMRI検査の問診で刺青(タトゥー)、アートメイクの有無を聞かれますので、報告し、指示に従っていただく事になります。
    妊娠中は施術を受けられますか?
    施術には塗布タイプの局所麻酔クリームを少量使用します。少量であれば影響はないという医師の判断のもと、①安定期に限り、②産科の主治医による同意を得られ、③患者様ご自身の同意書をいただけた方に限り、通常の施術を行っています。
    お子様の誕生後には時間が取り難くなり、メイクにも時間がかけられないという理由で、妊娠中に施術をされる方も多くいらっしゃいます。
    サロン等で行っているアートメイクとの違いは何ですか?
    2001年に厚生労働省により、「針先に色素をつけて行為を行うことは医療行為である」という条例が出ています。よって、アートメイクは医師の観察の下、医療機関で行う医療行為であると定められています。
    清潔手技や、感染対策、アフターケアなどを徹底しております。
    ナース
    カウンセリングの予約・お問い合わせはこちら
    受付:10~19時定休日:木・日・祝日