Nフィックス

HOME > メニュー > しわ・たるみ > Nフィックス

しらさぎ形成クリニックのNフィックス(N-FIX)

Nフィックスについて

Nフィックスは従来よりも太い糸をより細いカニューラで挿入できる糸です。

突起(コグ)のかわりにPunching methodという技術を用いて作られた、PDO製の溶ける糸を使って顔をリフトアップします。

溶ける糸とはPDO(Polydioxanone)という素材で、溶ける糸の代表的な糸となります。
一般的な外科手術では「PDS®」という商品名で広く使われている素材です。

  • Nフィックスの通常時と牽引時の状態

新しい概念のマイクロパンチングスレッド“N-FIX”

細いカニューラ(管状のもの)に太いスレッドが入っています。

19G(内径約0.7mm)のカニューレに溶ける糸(最大0.59mm)が入ります。
PUNCHING METHODのお陰で、カニューラの内径ギリギリの糸を入れることが実現されました。

  • NフィックスとNコグの比較

Nフィックスの刺入部位

Nコグの刺入部位

Nフィックスの料金表

種類内容金額
NFIX1本
目安:頬左右6~8本
¥50,000

NコグとNフィックスの違い

  Nコグロイヤル Nフィックス
カニューラ(管) 細い(21G:内径0.5mm) 太い(19G:内径0.7mm)
糸の太さ 細い(USP 2−0:平均0.3mm) 太い(USP 2:平均0.55mm)
引っ張り強さ(非吸収性プラスチック糸、薬事法による基準) 弱い14.1N 強い34.5N
断面積 0.28㎟ 0.95㎟
素材 PDO(Polydioxanone)
糸の吸収期間 6〜8ヶ月
しなやかさ しなやか 硬い
美点 ・細くてしなやか
・笑った時の違和感が少ない
・顔の下2/3に向いている
・太くてしっかりしている
・あまり動かない部分をしっかり引き上げる
・顔の上1/3に向いている
・少ない本数で効果がある
弱点 ・1本の力は弱い
・本数が必要
・表情を作る場所にはあまり適さない

NコグとNフィックスの使用例

NコグとNフィックスの刺入部位と本数

Nコグ以外のしわ・たるみの施術一覧

その他施術紹介

ナース
カウンセリングの予約・お問い合わせはこちら
受付:10~19時定休日:木・日・祝日