鼻尖縮小・鼻尖形成

HOME > メニュー > > 鼻尖縮小・鼻尖形成

鼻尖縮小・鼻尖形成とは?

日本人をはじめとするアジア人の持つ鼻は、西洋人の持つ鼻と比べると鼻尖(鼻の先の部分)がもともと低く、横幅も広がっていて、輪郭がはっきりしていません。

そこで、鼻先を美しく挙上したり、鼻筋の通った高い鼻に見せたりするために行うのが、鼻尖縮小・鼻尖形成の手術です。

鼻のかたちは、鼻骨・外側鼻軟骨・鼻翼軟骨などの骨のかたちと、軟骨上の脂肪などの軟部組織の形状や大きさによって決まります。だんご鼻・にんにく鼻は、鼻翼軟骨そのものが大きかったり、鼻翼軟骨の間が開いていたり、軟部組織が肥大していることがほとんどです。

そのため、鼻尖縮小・鼻尖形成の手術を行って鼻翼軟骨を縮小させたり、鼻翼軟骨の間を狭めたり、軟部組織を切除したりすることによって、細くシャープな美しい鼻のかたちに調整することができます

しらさぎ形成クリニックでは、こんなお悩みの方が鼻尖縮小・鼻尖形成を受けています。

  • 鼻先の形で悩んでいる
  • 鼻をもっと小さく、綺麗に見えるように治療したい
  • 鼻の軟骨が平べったいので、鼻先が丸く見える
  • 鼻先の脂肪が多いので、鼻が大きく見えてしまう
  • 鼻先を細くして、鼻を高くする整形手術を受けたい

しらさぎ形成クリニックの鼻尖縮小・鼻尖形成

当院では、アップノーズで綺麗な理想の鼻先を実現するために、患者様ひとりひとりの鼻の状態に合った鼻尖縮小・鼻尖形成の手術を行っております。
日本人の鼻は軟骨が小さく軟らかい為、元々の軟骨だけで足りない場合、他の部分(耳介等)からの移植の併用を勧める場合もあります。

◆特徴その1:鼻翼軟骨を縮小する「鼻翼軟骨頭側切除術(cephalic trim)」

鼻尖縮小・鼻尖形成の手術を行う際に、原因が鼻翼軟骨の大きさ・太さ・形状にある場合は、鼻翼軟骨そのものを縮小する「鼻翼軟骨頭側切除術(cephalic trim)」を行います。この手術方法では、外側鼻軟骨と鼻翼軟骨との間の線維結合を切断し、鼻翼軟骨を一部切除して縮小させ、大きさ・太さ・形状を調整します。また、鼻先の軟部組織(脂肪など)が肥大している場合は、それらも切除し、鼻のかたちを整えます。

◆特徴その2:左右の鼻翼軟骨の間を狭める「鼻翼軟骨間縫合」

患者様の悩みの原因が鼻翼軟骨の横幅である場合は、左右の鼻翼軟骨の間を狭める「鼻翼軟骨間縫合」を行います。この手術方法では、鼻先の脂肪などの軟部組織を必要に応じて切除したうえで、広がっている鼻翼軟骨の横幅を狭めるために、左右の鼻翼軟骨を縫い合わせます。鼻孔の内側を数mm切開し、鼻翼軟骨同士をしっかりと糸で結びつけることで、鼻尖を細くすることができます。

◆特徴その3:傷跡が残らない「クローズド法」による手術

当院で実施する「鼻翼軟骨頭側切除術」や「鼻翼軟骨間縫合」などの鼻尖縮小・鼻尖形成の手術は、ほとんどが「クローズド法」によって行います。完了することができます。これは、鼻孔内を切開する手術方式のため、鼻の外側に傷が残らないので、術後の傷跡が目立たないというメリットがあります。

なお、患者様の鼻の形状によっては、鼻柱(鼻の穴の間の皮膚)を切開する「オープン法」を行う場合もあります。傷跡はきれいで、手術中に軟骨や骨を全体的に細部までチェック出来るメリットがあります。

治療の流れ

①カウンセリング
患者様の鼻の状態を確認し、問題の原因が、鼻尖部分の軟部組織にあるのか、それとも鼻翼軟骨の大きさや形状にあるのかをチェックします。診察結果に伴い、鼻尖縮小・鼻尖形成のいずれの手術を行うかを決めていきます。結果によっては元々の軟骨だけで足りない場合、他の部分(耳介等)からの移植の併用を勧める場合もあります。
②マーキング・麻酔
デザイン通りに手術を実施するために、鼻にマーキングを行います。デザインについてご希望がある場合は、医師にご相談いただければ、できる限り理想的な鼻尖となるように手術を実施します。
鼻の手術では恐怖を最小限にする為、静脈麻酔をお勧めしています。静脈麻酔で眠られた後、更に痛みを抑えるために局所麻酔を行います。
③手術
鼻尖縮小・鼻尖形成の手術により、軟部組織を切除したり、鼻翼軟骨を縮小したり、鼻翼軟骨の左右の幅を狭めたりします。手術時間は、1.5時間〜2時間程度となります。
④術後
術後は、肌色テープとスプリント(ギブス)で固定します。クローズド法での傷は溶ける糸で縫うので抜糸は不要ですが、ご希望であれば1週間後を目安に抜糸を行います。術後1ヶ月〜3ヶ月ほどは鼻先が硬くなりますが、時間の経過とともに馴染んで柔らかくなっていきます。

鼻尖縮小・鼻尖形成についてのよくある質問

鼻尖縮小・鼻尖形成の手術のダウンタイムはどれくらい続きますか?また、化粧はいつからできますか?
鼻尖縮小・鼻尖形成の術後の腫れ・痛み・赤みなどのダウンタイムは、個人差があるものの、術後1週間程度で自然に治っていきます。お化粧については、スプリント(ギブス)固定の除去後であれば可能です。なお、固定の除去は通常3〜7日で行いますが、個人差があるため、詳しくは医師までご相談ください。
鼻尖縮小・鼻尖形成の手術を受けたいですが、痛みが心配です。
当院で行う鼻尖縮小・鼻尖形成の手術では、患者様が痛みをほとんど感じないようにするために、局所麻酔・静脈麻酔などの麻酔を併用しますので、過度の心配は必要ありません。特に痛みに弱い場合は、カウンセリング時にお申し付けいただければ、配慮のうえで手術を行うことが可能です。
鼻尖縮小・鼻尖形成の手術の傷跡は目立ちませんか?
当院では、傷跡が鼻の外側に残らない、鼻孔内から手術を行う「クローズド法」をメインとしていますので、鼻尖縮小・鼻尖形成の術後も、傷跡が他の人に見られることはありません。なお、患者様の鼻の形状によっては、鼻の外側から皮膚を切開する「オープン法」を行う場合もありますが、術後もそれほど過度に目立つことはありません。
鼻尖縮小・鼻尖形成の手術だけだと、側面から見たときに不自然になることがあると聞きましたが、大丈夫でしょうか?
ただ単純に鼻翼軟骨を削ったり、縛ったりするだけの手術だと、正面からは鼻先が細く見えても、側面から見たときに不自然に見える「Pollybeak変形」と呼ばれる現象が起こることがあります。当院では、そのような事態を避けるために、カウンセリングの段階で過度な軟骨のみによる手術はお勧めせず、鼻尖縮小・鼻尖形成と併用すべき手術の検討を行いますのでご安心ください。

鼻尖縮小・鼻尖形成における注意点

「鼻翼軟骨頭側切除術」や「鼻翼軟骨間縫合」などの鼻尖縮小・鼻尖形成の手術は、鼻翼軟骨の大きさや形状を調整して、鼻先を細く、鼻を高くみせることに適した施術です。

しかしながら、アジア人は西洋人と比べると鼻先の皮膚が分厚いため、鼻翼軟骨の調整だけでは効果が薄い場合があります。そのため、耳介軟骨の移植やプロテーゼの挿入等の併用を検討することがあります。

また、鼻翼軟骨の縫合・縮小を行った後、正面からは鼻先が細く見えるものの、側面からは少し盛り上がって丸く見えることがあります。この現象は「Pollybeak変形」と呼ばれており、当院ではその他の隆鼻術の併用も検討し、このような症状が出ることを防ぎます。

なお、鼻尖縮小・鼻尖形成の手術では、鼻先をアップノーズにすることはできますが、鼻先を下に向けることは困難です。そのような場合には、鼻中隔延長術を適応します。

当院では、患者様の鼻のかたちをひとりひとり詳しく診察したうえで、もっとも適した鼻尖縮小・鼻尖形成の手術方法をご提案しますので、まずはお気軽にご相談ください。

項目 詳細
手術時間 1.5時間〜2時間程度
ダウンタイム 腫れ・痛み・赤みなどが生じる場合がありますが、術後1週間程度で自然に治っていきます。
傷跡は「クローズド法」の場合は鼻孔内なのでほとんど目立たず、
「オープン法」の場合も、術後1ヶ月〜3ヶ月程度で目立たなくなります(※術後の経過は個人差があります)。
抜糸の有無 クローズド法ではご希望時有り(術後1週間が目安)

鼻尖縮小・鼻尖形成の料金

内容金額
鼻尖縮小¥200,000

鼻尖縮小・鼻尖形成以外の手術一覧

その他施術紹介