眉間ボトックス

眉間ボトックス

眉間は、皺眉筋(しゅうびきん)と鼻根筋(びこんきん)の2つでできています。これらの筋肉は皮膚とつながっており、動かすことで喜怒哀楽の表情を作っています。しかし、この眉間の動きが大きかったり、加齢とともに真皮層にあるコラーゲンやエラスチンが失われ、できてしまったしわが深くなっていくと、目立ってより年齢を感じさせるしわとなってしまいます。

こうしたしわを改善させるために、ボトックス注射があります。眉間のしわを作る皺眉筋と鼻根筋にボトックスを注入することで、筋肉の動きを抑制し、しわを改善していきます。

眉間のしわには5種類ある

  • 1. スクランチ型
  • 2. 1型
  • 3. 11型
  • 4. オメガ型
  • 5. 横さび型

筋肉の付き方や大きさ、動かし方には個人差がありますので、それによって眉間にできるしわの種類も変わってきます。それぞれのしわによって、ボトックスの注入箇所や量、方法も違ってきますので、こうした筋肉の動きという解剖学にも精通した信頼できる医師に相談することをおすすめします。

波のようにできる眉間のしわ スクランチ型

スクランチ型は、波状にいくつもの皺の固まりができるタイプの眉間のしわです。皺眉筋と鼻根筋に同じように力が加わり、均等にしわが寄っているので、ボトックスもこれらの筋肉に均等に注入していくことでしわの改善が見られます。

眉間の中央に太い縦じわ 1型

眉間の真ん中に1本、太い縦のしわが刻まれるのが1型の眉間のしわです。鼻根筋と比べると、皺眉筋が強いため、こうしたしわができてしまいます。こうした場合は、皺眉筋にのみボトックスを注入し、しわの改善をしていきます。

眉間の中央に2本の長いしわ 11型

11型の場合は、1型と同じように、眉間の中心に縦じわがよるのですが、1型と違うのは、2本長いしわが寄るところです。この場合、1型よりもさらに外側にある皺眉筋が強いので、ボトックスは1型のときよりも外側の皺眉筋に注入します。

縦じわ&横じわタイプ オメガ型

オメガ型では、縦じわだけでなく、これに連動する形で額に横じわができます。額に横じわができると、なんとなく泣きそうな情けない印象を与えがちです。オメガ型の場合は、11型よりもさらに外側の皺眉筋の力が強いので、そこを中心にボトックスを注入していきます。

鼻の根元に横じわ 横皺型

横皺型では、鼻の根元部分に太く横のしわが入ります。この場合、皺眉筋の内側と鼻根筋が強いので、そこを中心にボトックスを注入していきます。皺眉筋の外側には注入しません。

眉間ボトックスの注意点

眉間ボトックスをする際に、注意すべきは眉が不自然に上がってしまったり、逆に下がってしまうことです。

眉間にボトックスを注入する際、正しい場所に注入すれば、眉毛に影響が出ることはありません。しかし、皺眉筋よりも外側にある側頭筋に注入してしまうと、眉尻が上がってしまったり、鼻根筋より上の額の前頭筋などに注入してしまうと、眉頭が下がってしまうなどの影響が出ることがあります。

通常の施術であれば、ボトックスの薬剤は、こうした側頭筋や前頭筋に入ることはないので、眉毛にまで影響が及ぶことはありませんが、ボトックス注射の経験が浅い医師が施術をしてしまうと、稀にこうした事態が起こるリスクがあるので、医師選びは慎重に行いましょう。

ボトックス注射は、メスを使わない気軽なプチ整形の一つだと言われることがありますが、施術自体はシンプルだからこそ、的確な施術ができるかどうかは、医師の技量がものをいいます。

顔の筋肉の解剖学に精通していれば、ボトックスの注入箇所に応じて、薬剤の量を調整しなければならないのに、そうした知識が乏しい医師が施術を行うと、上手くできずに、眉尻が不自然に上がってしまったり、表情が固まって、笑ったときに顔が動かずに不自然に見えてしまうことがあります。

しらさぎ形成クリニックでは、経験豊富な医師が常駐し、患者様一人一人の骨格や顔の構造をしっかり見極めながら、お悩みやご要望に答えるよう丁寧な施術を行っています。

眉間ボトックスのメリット

◆メリットその1:日帰りで施術でき、ダウンタイムが短い

眉間のしわを作る皺眉筋や鼻根筋へのボトックス注入には、注射針を使いますが、針を刺す際の痛みは多少ありますが、施術後は痛みもなく、日帰りで施術が受けられます。施術後には、注入箇所を除けばメイクもでき、日常生活に支障をきたすことなく過ごせるのが大きなメリットの一つです。

◆メリットその2:周りから気づかれにくい

ボトックス注射の効果はすぐには現れないのが特徴です。注射後、数日で徐々に効果が出始め、1カ月ほど経過したころに効果が安定してきます。すぐに効果が現れると、周囲からもプチ整形したことを気づかれがちですが、徐々に変化していくことから、周りに気づかれにくいのもメリットです。

◆メリットその3:気に入らなければ元に戻せる

ボトックスを注入すると、効果は長い場合には、3~6カ月ほど続きます。ボトックスは筋肉を緩める効果がありますが、その効果は永久ではないので、もしも気に入らなければそのままにしておけば、元の状態に戻るのがデメリットでもありメリットでもあるのかもしれません。

眉間ボトックスのデメリット

◆メリットその1:表情が固まって見えることがある

ボトックス注射が効いてくると、眉間から眉にかけての動きが鈍くなります。注入する薬剤の量を誤ると、眉まわりが固まって不自然な印象を与えがちです。また、眉間ボトックスの失敗例として、眉間に作用する筋肉に注入したはずなのに、その下の目の開け閉めに関係する筋肉まで薬剤が流れて、目が開けづらくなってしまったという症状があります。そうしたことを防ぐため、眉をしっかり下から抑え、目の方まで薬剤が流れないよう細心の注意を図っています。

◆メリットその2:ボトックスの効果は永久ではない

前述の通り、ボトックス注射による効果は永久ではありません。ボトックスの薬品は徐々に効果を発揮していきますが、やがてその効果も薄れていき、元に戻ってしまうので、効果を持続させるためには継続的に施術をしていかなければなりません。

眉間ボトックスの施術の流れ

①カウンセリング
まずは、患者様の額のしわの状態を確認し、より自然な仕上りになるように、ボトックスの量や注入位置などを決めていきます。
化粧落とし・洗顔
ボトックスを注入する部位のメイクを落とし洗顔していただき、施術に入っていきます。
③注射
アイシングで痛みを感じにくくした状態で、極細の針を用いてボトックスを注入していきます。施術時には、基本的に大きな痛みは伴いませんので麻酔は使いませんが、どうしても痛みが気になる方はご相談ください。
④術後
ボトックスの注入が完了した後は、医師が状態を確認し、施術後の注意点などをご説明し、そのまま帰宅していただけます。もちろんメイクもできますし、シャワーであれば、当日浴びていただくこともできます。ただし、注入箇所へのメイクは避け、長湯も避けましょう。

施術後の注意点

  • 施術後は、顔をこすったり、マッサージしたりするなどの刺激をできるだけ避けてください。
  • 施術当日はサウナや激しい運動、飲酒など、血行を促進するようなことは避けてください。
  • ボトックス注射に用いる薬剤の胎児に対する安全性はまだ確認されておりません。そのため、ボトックス注射の施術を行った後は、女性は2回の月経を経るまで、男性も3カ月は避妊する必要があります。
  • ボトックス注射は、アレルギーのある方など、一部の方には施術できないことがあります。施術前のカウンセリング時に医師が安全に施術できるかをしっかり確認させていただきます。

眉間ボトックスにかかる費用

種類 部位 金額
ボトックス(vista) 眉間 ¥36,000

眉間ボトックス以外のボトックスの施術一覧

その他施術紹介

予約・お問い合わせ

カウンセリングの予約・お問い合わせはこちら
※妊娠中・授乳中の方はご予約の際必ずご申告お願いいたします
088-602-7351
受付:10~19時/定休日:木・日・祝日