AGA治療

AGA治療とは?

AGAとは、男性特有の脱毛症のことです。「Androgenetic Alopecia」の頭文字をとったもので、男性型脱毛症のことを指します。

AGAは、悪玉男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」によって引き起こされる脱毛症で、主な原因は遺伝と考えられています。

AGAの症状

AGAは、前髪の生え際部分や、頭頂部から薄くなっていくことが特徴です。進行性の脱毛症のため、治療せずに放置していると、どんどん薄毛が進行してしまいます。最終的には、側頭部と後頭部の髪の毛だけが残る状態となるのです。「生え際が薄くなってきたけれど、まだ大丈夫」などと考えるのではなく、AGAの症状が現れたら、早めに治療を開始するほうが良いでしょう。

AGAのメカニズム

AGAは、悪玉男性ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」が、毛母細胞の働きを抑制することで発症します。毛母細胞の働きが抑えられると、髪の毛の成長が阻害され、薄毛につながるのです。このジヒドロテストステロンは、善玉男性ホルモン「テストステロン」に、還元酵素「5αリダクターゼ」が結合することで生じます。テストステロンや5αリダクターゼは、もともと体内に存在するため、取り除くことができません。そのため、テストステロンと5αリダクターゼの結合を阻害することが、AGA治療に有効だと考えられています。

AGAの原因

AGAは、遺伝が主な原因です。例えば、5αリダクターゼの活性の高さは、遺伝によって受け継がれることがわかっています。5αリダクターゼの活性が高いと、テストステロンと結びつきやすくなるのです。その結果、ジヒドロテストステロンが生成され、AGAを発症しやすくなります。親族に薄毛の人がいる場合は、ご自身も薄毛になる可能性が高いといえるでしょう。また、生活習慣やストレスなども、AGAの原因として挙げられます。そのため、食生活・睡眠時間・ストレス解消などにも注意しましょう。

しらさぎ形成クリニックでは、こんなお悩みの方がAGA治療を受けています。

  • 最近髪の毛が薄くなってきた
  • 前髪のM字部分や頭頂部が薄い気がする
  • 親族に薄毛の人がいるので心配
  • 抜け毛の量が増えた
  • 地肌が透けて見える
  • 髪の毛が細くなってきた気がする
  • カツラはできれば使いたくない
  • スカルプシャンプーや育毛剤・発毛剤は効果がなかった

しらさぎ形成クリニックのAGA治療

当院は、2種類のAGA治療をご用意しております。

治療方法1:内服薬による治療

当院では、内服薬によるAGA治療を行なっております。処方する内服薬は「プロペシア錠」です。内服薬には、発毛を促進したり、抜け毛を抑制したりする効果が見込まれます。

プロペシア錠の効果・副作用
プロペシア錠の効果

プロペシア錠は、5αリダクターゼの働きを阻害する作用があります。そのため、ジヒドロテストステロンが生成されにくくなり、薄毛の進行を抑制する効果が見込まれます。

プロペシア錠の副作用
  • 性欲減少
  • 勃起不全
  • かゆみ
  • 湿疹
  • 初期脱毛
  • 肝機能障害
  • 乳房肥大
  • 乳房圧痛

プロペシア錠には、上記のような副作用が生じる可能性があります。しかし、これらの副作用が起こる確率は低いため、過度なご心配は不要です。

治療方法2:注射(HARG療法)による治療

当院のAGA治療では、内服薬だけでなく、HARG療法(ハーグ療法)による治療も行なっております。HARG療法とは「毛髪再生治療」のことで、薬剤を直接頭皮に注入し、髪の毛の成長力を高める治療です。HARG療法の効果と副作用についてご説明いたします。

HARG療法の効果

HARG療法では、150種類以上の成長因子が含まれている、幹細胞から抽出した薬剤を、直接頭皮に注入します。薬剤を注入することによって、毛母細胞が刺激され、ヘアサイクルが正常化し、発毛を促進させます。内服薬での治療の場合、毎日薬を服用しなければなりませんが、HARG療法の場合、定期的に治療をお受けいただくだけなので、治療の負担を軽くすることが可能です。

HARG療法の副作用

HARG療法は、注入した部位ににじむ程度の出血が見られる可能性があります。ただし、出血は一時的なものです。そのため、過度なご心配はいりません。また、施術の前後2週間程度は、ヘアカラーやパーマを控えてください。

治療の流れ

①カウンセリング
はじめに、カウンセリングをお受けいただきます。毛髪の状態やご要望をお伺いし、患者様に適した施術方法のご提案をさせていただきます。
②施術・処方
HARG療法を受けられる場合、施術を行います。
内服薬やサプリメントによる治療の場合には、お薬を処方させていただきます。

AGA治療についてのよくある質問

AGAは治るのですか?
AGAは進行性の脱毛症ですが、治療をすることで進行を抑制することが期待できます。ただし、治療をやめると抜け毛が再度増えてしまうため、経過を見ながら継続して治療を続けることが重要です。ご不明点などがありましたら、カウンセリングにてお気軽にご相談ください。
HARG療法は何回受ければ良いですか?
HARG療法は、基本的に月に1度の頻度で、合計6回の施術をお受けいただきます。その後、1年に1〜2回の施術で、髪の毛の成長力を維持する効果が見込まれます。なお、患者様の毛髪の状態やご希望によって、適した治療頻度や治療回数は異なります。
AGA治療薬は個人輸入の通販サイトなどでも購入できますか?
AGA治療薬の中には、個人輸入の通販サイトで購入できるものがあります。個人輸入で治療薬を購入する場合、病院で処方されるものよりも、価格が安い場合が多いです。しかし、偽物がまぎれている危険性があるため、おすすめできません。AGA治療は、自己判断で薬を使用するのではなく、医師による診察・処方を受けるようにしましょう。
AGA治療は保険適用されますか?
AGA治療は、基本的に保険適用されません。全額自己負担となります。

AGA治療における注意点

AGAは進行性の脱毛症のため、自然治癒することがなく、治療しないと髪の毛がどんどん抜け落ちてしまいます。そのため、生え際や頭頂部が薄くなってきたと思い始めたら、できるだけ早くクリニックを受診するようにしましょう。早めに治療を始めることで、薄毛の進行を食い止める効果が期待できます。また、AGAには内服薬だけでなく、注射やサプリメントなどの、あらゆる治療方法があるため、医師の診察を受け、適した治療を受けるようにしてください。

AGA治療の料金

種類 内容 金額
薄毛治療 プロペシアセット(1T/日) 30日分 ¥23,000
ハーグ治療 注射 1回 ¥129,600
6回 ¥650,000
10回 ¥1,080,000
Author-masato_kinoshita

著者:木下将人

総院長

専門医
日本形成外科学会専門医
日本美容外科学会専門医(JSAPS:Japan Society of Aesthetic Plastic Surgery)
日本美容外科学会専門医(JSAS:Japan Society of Aesthetic Surgery)
所属学会
日本形成外科学会
日本美容外科学会(JSAPS)
日本美容外科学会(JSAS)
日本頭蓋顎顔面外科学会
日本外科学会

AGA治療以外の薄毛治療一覧

施術可能医院について

徳島院

所在地

〒770-0911
德島県德島市東船場町1丁目6
パルプラザビル 6F

診療時間

AM10:00〜PM7:00
休診日:木、日・祝

アクセス

JR鳴門線「徳島駅」から眉山方面に進み、新町橋を渡ります。
左手に見える10階建てのビルが当院の入っているビルです。

しらさぎ形成徳島院では、レーザー/スレッド/注入と様々なメニュー展開で、形成外科医の院長により、あなたに合った治療をご提案します。
メスを入れない施術/月1万前後で通えるメニュー、初めての方も気兼ねなくご相談いただけます

神戸院

所在地

〒650-0021
兵庫県神戸市中央区三宮町1丁目2-1
日住神戸三宮ビルディング 601

診療時間

AM10:00〜PM7:00
休診日:木、日・祝

アクセス

阪急神戸三宮駅西口から徒歩3分
JR三ノ宮駅西口から徒歩4分
神戸市営地下鉄海岸線三宮・花時計前駅 徒歩3分

しらさぎ形成クリニック神戸院では、医療脱毛・アートメイク・美容点滴・ボトックス・ほくろ除去治療を中心とした神戸の美容皮膚科です。神戸三宮エリア、阪急神戸三宮駅西口とJR三ノ宮駅西口から歩いてすぐの好立地ですので、気になる方は是非ともカウンセリングにお越しください

遠方からの来院も安心。交通費補助制度もございます。

transportation-allowance

交通費を一部補償させて頂く交通費補助制度がございます。
お車でお越しの方にも適用させていただきます。 交通費を抑えられるため、遠方からでも予算に余裕を持って当院へお越しいただき、アートメイクをはじめとした人気の施術を受けることが可能です。

>交通費保証制度の詳細はこちらから

予約・お問い合わせ

カウンセリングの予約・お問い合わせはこちら
※妊娠中・授乳中の方はご予約の際必ずご申告お願いいたします
【徳島院】
088-602-7351
受付:10~19時/定休日:木・日・祝日
【神戸院】
078-381-8323
受付:10~19時/定休日:木・日・祝日