目頭切開

HOME > メニュー > まぶた > 目頭切開

目頭切開とは?

目頭切開とは、日本人によく見られる「蒙古襞(もうこひだ)」を取り除く、もしくは小さくすることによって、目を大きく見せる効果が期待できる施術です。目と目が離れていることにお悩みの方や、平行二重を形成したいとお考えの方にもおすすめの施術になります。

当院の目頭切開術には「z法」や「w法」など、様々な施術方法があり、患者様のご希望などをお伺いした上で、医師より患者様に適した施術方法をご提案させていただきます。また、できるだけ傷跡が目立ちにくくなるよう工夫して縫合しておりますので、施術後の傷跡が心配な方にも安心して受けていただけます。

しらさぎ形成クリニックでは、こんなお悩みの方が目頭切開を受けています

  • 蒙古襞を解消して目を大きく見せたい
  • 目と目が離れているのを解消したい
  • パッチリとした目になりたい
  • 平行二重に憧れている
  • 西洋人のような存在感のある目元にしたい
  • 多少のダウンタイムがあっても元に戻らない施術をしたい

しらさぎ形成クリニックの目頭切開

当院では、患者様のお目元に関する様々なお悩みに応じるために、目頭切開術をご用意しております。

◆特徴その1:患者様ひとりひとりに合った目頭切開術のご提案

当院の目頭切開術では、施術前のカウンセリングを特に大切にしております。目頭切開術はとても繊細な施術となり、たった数ミリのズレでもお目元の印象を大きく左右してしまいます。

そのようなことがないよう、当院では施術前に患者様のご希望をお伺いし、しっかりとまぶたの状態などを拝見させていただいた上で、デザインや施術方法を医師の判断によってご提案させていただきます。

また、目と目の間がそれほど離れていない患者様につきましては、目頭切開術を行うことによって、目と目が近づきすぎて見えてしまい、かえって不自然な印象を与えてしまうことがあります。そのような場合は、目頭切開術ではなく、目尻切開術などをご提案させていただく場合もあります。

当院では、こういった施術前の丁寧なカウンセリングを行うことで、施術後のイメージを医師と患者様でしっかりと共有することができ、患者様ひとりひとりにとって、適した施術を行うことができるのです。

◆特徴その2:傷跡の目立ちにくい施術方法を採用

当院の目頭切開術では、傷跡ができるだけ目立たないよう施術しております。目頭切開術は切る施術となるため、個人差はありますが、お目元に傷跡が残ってしまう場合もあります。そのため当院では、傷跡ができる限り目立ちにくくなるような施術をさせていただいております。

施術前のカウンセリング時に、患者様のまぶたの状態などを拝見させていただいた上で、できるだけ傷跡の目立ちにくい施術方法を、医師の判断によりご提案させていただきますので、施術後の傷跡がご不安な方もご安心ください。

◆特徴その3:他の施術と組み合わせることで理想の二重を実現

当院では、目頭切開術だけでなく、他の様々な二重整形術と組み合わせることによって、より患者様のご希望に近い施術をご提案させていただくことができます。

例えば、海外の女優さんのような、パッチリとした平行二重をご希望の患者様には、部分切開法や全切開法などをご提案させていただく場合があります。また、まぶたの厚みやたるみなどが気になる方には、たるみを改善させる施術のご提案もできる場合があります。

いずれもカウンセリング時に、患者様のなりたいイメージやご希望をお伺いし、患者様がご納得いただくまで様々な施術方法などを医師よりご提案させていただきますので、まずは一度お気軽にカウンセリングまでお越しください。

治療の流れ

①カウンセリング
当院では施術前に、患者様のご希望のお目元のイメージや、まぶたの状態などを確認させていただきます。その上で、目頭切開術が患者様に適した施術かどうかを判断させていただきます。また、目頭切開術が適していると判断された場合、デザインや施術方法など細かい部分まで丁寧にカウンセリングさせていただきます。その上で、より患者様のご希望に沿ったデザインの施術ができるよう、ご提案させていただきます。
②麻酔
手術前には麻酔を行います。各種麻酔をご用意しておりますので、カウンセリング時に医師よりご説明させていただきます。
③手術
麻酔がしっかりと効いていることを確認した上で、目頭切開の手術を行っていきます。切開した部分は傷跡ができるだけ目立ちにくくなるよう、丁寧に縫合していきます。
④術後
目頭切開の手術後は、当日にお帰りいただくことができます。お目元を縫合しておりますので、伊達メガネやサングラスなどをご持参いただくと、お帰りの際も安心です。

目頭切開についてのよくある質問

目頭切開術のダウンタイムの症状や期間を教えてください。
目頭切開術のダウンタイムや術後経過には、個人差はありますが、痛みや腫れ、内出血などの症状が現れる場合があります。ただし、ほとんどの場合、これらの症状は1〜2週間で軽快していきますのでご安心ください。
目頭切開術は施術後いつからメイクが可能ですか?
目頭切開術の施術後は、基本的には抜糸後2日目からメイクが可能です。また、洗顔料の使用も抜糸後2日目から可能になります。施術からおよそ10日間は、ノーメイクでお過ごしいただくこととなりますので、外出時には伊達メガネやサングラスなどを使用されることをおすすめします。
目頭切開術の施術時間を教えてください。
目頭切開術の施術時間は、個人差はありますが、50分程度のことがほとんどです。ただし当院では、施術前のカウンセリングを大切にしており、お時間が少し長くなってしまう可能性があります。そのため施術当日は、お時間に余裕を持ってご来院いただくことをおすすめしております。
目頭切開術は通院する必要がありますか?
目頭切開術は、基本的には施術から1週間後に、抜糸のためご来院いただく必要があります。また、施術から1ヶ月後には検診のためご来院いただきます。遠方から来られている等で、通院に関してご不安な点などがございましたら、カウンセリング時にお気軽に医師までご相談ください。
目頭切開術にはどのような副作用がありますか?
目頭切開術には、体質などによる個人差はありますが、傷跡が盛り上がってしまう場合があります。また、ごく稀にではありますが、傷口が膿んでしまう場合もあります。その際はすぐに当院までご連絡ください。これらの副作用に関しましては、カウンセリング時にしっかりと医師よりご説明させていただきますので、なにか患者様がご不安に感じられる点や、ご不明な点などがございましたら、カウンセリングの際医師までご相談ください。

目頭切開における注意点

目頭切開術は、患者様によってはお目元の印象が不自然になってしまうため、おすすめできない場合もあります。カウンセリング時に患者様のお目元の状態を確認させていただき、患者様のご希望もお伺いした上で、医師の判断により他の方法(目尻切開術)などをご提案させていただくこともありますので、ご了承ください。

また、個人差はありますが、施術後に腫れなどが気になる場合は、保冷剤などを使いお目元を冷やすようにしてください。その他、なにかご不安な点やご不明な点などがございましたら、お気軽に医師までご相談ください。

項目 詳細
手術時間 目頭切開術の施術時間は、個人差はありますがおよそ30分です。カウンセリングやアフターケアのご説明なども含めますと、もう少し長くなる可能性があります。
ダウンタイム 目頭切開術のダウンタイムには、個人差はありますが、痛みや腫れ、内出血などの症状が見られる場合があります。いずれの症状も、ほとんどの場合施術から1〜2週間で軽快していきますのでご安心ください。
傷痕の赤みが残る場合がありますが、2〜3ヶ月で目立たなくなります。
抜糸の有無 目頭切開術は、基本的に施術から1週間後に抜糸を行います。

目頭切開の料金表

種類 金額
目頭切開 ¥264,000

目頭切開以外のまぶたの施術一覧

その他施術紹介

予約・お問い合わせ

カウンセリングの予約・お問い合わせはこちら
※妊娠中・授乳中の方はご予約の際必ずご申告お願いいたします
088-602-7351
受付:10~19時/定休日:木・日・祝日