エラボトックス

エラボトックス

エラが張っている原因には、骨格の問題と咬筋(こうきん)の肥大が挙げられます。
骨格自体がエラの張りの原因になっている場合は、エラボトックスをしても小顔効果は期待できません。一方、咬筋の肥大によって、エラが張っている場合は、咬筋を一時的にボトックスで緩めてあげることで、小顔効果を期待することができます。

咬筋とは、上下の歯を咬み合わせる際に使われる筋肉のことで、頬に手のひらを当てた状態で歯を食いしばると、その動きを感じることができるでしょう。

この咬筋が発達すると、顔が大きく見えたり、フェイスラインがシャープに見えづらくなったり、首がむくみやすくなったります。また、こうした見た目の美しさだけでなく、咬筋の肥大は、歯ぎしりや食いしばりによる歯の根っこの割れや、ひび割れ、片頭痛や肩こり、めまいなどといった健康に悪影響を及ぼす原因にもなります。

エラボトックスは、こうした咬筋の肥大が原因となって起こる悩みを改善してくれる施術法です。

メスを使わずにできる施術法なので、“プチ整形”と呼ばれる場合もあります。たしかに、施術時の痛みも比較的少なく、施術時間も短く、日帰りできるなど、“プチ”の要素は大いにありますが、実はエラボトックスは注入する薬品の量や注入する位置、角度、深さなどによって、見た目は大きく変わってきます。

こうした施術後の仕上りは、医師の経験や知識、技術に比例してきますので、熟練した医師がいるクリニックを見つけることがとても大切です。

しらさぎ形成クリニックでは、経験豊富な医師が常駐し、患者様一人一人の骨格や顔の構造をしっかり見極めながら、お悩みやご要望に答えるよう丁寧な施術を行っています。

エラボトックスの注入部位

ボトックス注射する部位を決める際には、患者様のお顔の構造や症状、お悩みなどをしっかりお聞きした上で、きめ細かに決めていく必要があります。ボツリヌス菌を注入した結果、表情が固まってしまって、笑えなくなってしまったり、不自然な仕上りになってしまうことがありますが、これは注入する薬剤の量を間違えたり、注入する位置を間違えたりなどの失敗が主な原因です。

注射する位置や方向、注射する量は、個々人の顔の筋肉や表情筋、解剖学などに精通した医師の経験と技術、そしてカウンセリング力が大きく影響します。

ボトックス注射は、メスを使わない気軽なプチ整形の一つだと言われることがありますが、施術自体はシンプルだからこそ、的確な施術ができるかどうかは、医師の技量がものをいいます。

また、ボトックス注射に用いる薬剤は、もともとは米国のアラガン社が開発し販売しているものが主流で、これまで多くの方が施術を受けてこられました。しかし、昨今のプチ整形ブームもあり、低価格のボトックス注射による施術を実現するために、韓国製やフランス製、中国製などより安価なものを使用しているクリニックもあります。

韓国製やフランス製の薬品は、自国で認可が下りており、安全性が比較的高いと言われていますが、中国製に関しては豚由来のコラーゲンを使用しており、アレルギー反応を引き起こしやすいとも言われています。

しらさぎ形成クリニックでは、多くの施術例があり、安全性が確立されているアラガン社の薬品を使用していますので、安心して施術に臨んでいただけます。

エラボトックスのメリット

◆メリットその1:日帰りで施術でき、ダウンタイムが短い

咬筋の肥大が原因のエラ張りを改善する施術にはメスを使いません。極細の注射針で薬剤を注入して終了するので、痛みもほとんどなく、日帰りで施術が受けられます。施術後には、メイクもでき、日常生活に支障をきたすことなく過ごせるのが大きなメリットの一つです。

◆メリットその2:周りから気づかれにくい周りから気づかれにくい

ボトックス注射の効果はすぐには現れないのが特徴です。注射後、3日目頃から徐々に効果が出始め、7日ほど経過したころに効果が安定してきます。すぐに効果が現れると、周囲からもプチ整形したことを気づかれがちですが、徐々に変化していくことから、周りに気づかれにくいのもメリットです。

効果は、その後も3~5カ月ほど持続しますので、エラボトックスの場合、5~6回の注射を定期的に続けていただけると、より一層小顔効果を実感いただくことができます。

◆メリットその3:副次的な効果が期待できる

エラボトックスを行うのは、小顔効果を狙っての方がほとんどですが、実はそれ以外の効果も実感することができます。咬筋にボトックス注射をして筋肉を緩めることで小顔になるだけでなく、歯ぎしりや食いしばりなども緩和できるのでこれに伴う肩こりや片頭痛、歯の割れなどといった悩みも副次的に改善することができます。歯科医院では、歯の悩みを改善するためにボトックス注射を用いるところもあるほどです。

◆メリットその4:痛みがほとんどない

メスを用いる施術と比較すると、ボトックス注射はほとんど痛みを伴わないのが特徴です。特に当院では、ボトックス注射には「34ゲージ針」という極細針を使用しますので、ほとんどの方は痛みを気にせずにリラックスして施術を受けていただけます。施術前には、より痛みを感じないようにアイシングも行っておりますので、痛みについて過度に怖がる必要はありません。

◆メリットその5:気に入らなければ元に戻せる

ボトックスを注入すると、効果は長い場合には、5カ月ほど続きます。ボトックスは咬筋を緩める効果がありますが、その効果は永久ではないので、もしも気に入らなければそのままにしておけば、元の状態に戻るのがデメリットでもありメリットでもあるのかもしれません。

エラの張りに悩みがあり、美容外科を尋ねたところ、医師に勧められてあごの骨自体を削ってしまったが、仕上りに満足がいかないという方がたまにいらっしゃいます。もちろん、骨格自体がエラの張りに大きな影響を与えており、骨を削らないと、エラの張りを改善できない場合もあります。

しかし、まずはメスを使わずに、元に戻る施術法を試みてみるという点ではボトックス注射は有効な施術法といえるでしょう。

エラボトックスのデメリット

◆デメリットその1:顔がこけてみえることがある

ボトックス注射が効いてくると、徐々に顔がほっそりとしてきます。ボトックス注射の量を間違えると、ほっそりどころかこけて見える場合もあるので、注意が必要です。また、皮膚が少したるんだ印象になる方もいらっしゃるので、術前の医師によるカウンセリングと見極め、技量が重要になってきます。

◆デメリットその2:歯を噛み締める力が弱まる

咬筋を緩めることで、噛み締める力が弱くなります。日常生活を送るうえでは、ほとんど影響はありませんが、食事をする際に、上手くものが咬めなかったり、食いしばる必要があるときなどは力が入らず、プルプルしてしまうこともあるようです。これは医師の経験や知識不足によるボトックス注射位置や量の誤りが原因だといえます。いくら“プチ整形”と言われているとしても、しっかりとした効果を得ながら、できるだけデメリットを減らすためには、病院選び、医師選びがとても大切なプロセスです。

ただし、こうした噛み締めなどの動きは、緩めたはずの咬筋の発達を再び促してしまい、ボトックスの効果が持続するのを阻むことがありますので、エラボトックスを行った方には咬筋に意図的に力を入れるようなことはあまりおすすめできません。

◆デメリットその3:ボトックスの効果は永久ではない

前述の通り、ボトックス注射による小顔効果は永久ではありません。ボトックスの薬品は徐々に効果を発揮していきますが、やがてその効果も薄れていき、元に戻ってしまうので、効果を持続させるためには継続的に施術をしていかなければなりません。

◆デメリットその4:ボトックスを持続させるための制約がある

ボトックスの効果をできるだけ持続させるためには日常生活でいくつかの制約があります。ボトックスは熱に弱いので、サウナや激しい運動、飲酒など、体温が上がったり、新陳代謝が活発になるようなことは、施術からしばらくの間は避けなければなりません。
また、注入したボトックスの薬品を拡散させないためにも、顔のマッサージなども避けなければなりません。

エラボトックスの施術の流れ

①カウンセリング
まずは、患者様のエラの状態を確認し、ご要望などをお聞きした上で、より自然な仕上りになるように、ボトックスの量や注入位置などを決めていきます。
化粧落とし・洗顔
ボトックスを注入する部位のメイクを落とし洗顔していただき、施術に入っていきます。
③注射
アイシングで痛みを感じにくくした状態で、極細の針を用いてボトックスを注入していきます。施術時には、基本的に大きな痛みは伴いませんので麻酔は使いませんが、どうしても痛みが気になる方はご相談ください。
④術後
ボトックスの注入が完了した後は、医師が状態を確認し、施術後の注意点などをご説明し、そのまま帰宅していただけます。もちろんメイクもできますし、シャワーであれば、当日浴びていただくこともできます。

ボトックス注射についてのよくある質問

ボトックス注射の効果はどれくらい持続しますか?
ボトックス注入後はすぐに効果は出ず、3日目から徐々に効果が出て、7日程経過した後、安定します。しわ改善の期間は3〜5ヶ月ほどで、2回目以降がより若々しい肌になりやすくなるため、定期的な注入をおすすめしています。エラ取りなどの小顔効果は4〜6回ほどの定期的な注入で効果が期待できます。
ボトックス注射の注入時の痛みが心配です。
当院では、注入時の痛みを和らげるために「34ゲージ針」という極細針を使用しております。また、痛みを抑えるために注射前にアイシングすることで、さらに痛みを抑制する効果が期待できます。
ボトックス注射によって顔の表情が不自然になることはありませんか?
治療に必要な適量を見極めて注入を行うため、顔が不自然な表情になることはほとんどなく、自然な症状を保つことができます。
ボトックス注射はどれくらい期間を空ければ良いですか?
同じ部位に対しては前回の注射から3ヶ月以上空けていただくようにしています。

ボトックスにおける注意点

ボトックス注射の術後、洗顔・入浴・メイクについては、当日から可能です。ただし、注入部位にお湯をかける場合には、軽く流す程度に留めておいてください。また、注入部位を揉んだり、強くこすったりすることは避けましょう。その他、治療当日の激しい運動や飲酒は、血流を良くして内出血のリスクを高めますので控えてください。

以下に該当する患者様は適応外となりますので、事前に必ず医師までご相談ください。

  • 過去にボトックスビスタ®を使用してアレルギーを発症したことのある方
  • 抗生物質、筋弛緩剤、精神安定剤などを服用中の方
  • 他院にてボツリヌス製剤での治療を受けている方
  • 今後妊娠の可能性がある場合や、妊娠中および授乳中の方
  • 慢性的な呼吸器疾患や閉塞隅角緑内障の症状がある方
  • 筋萎縮性側索硬化症[ALS]、重症筋無力症、ランバード・イートン症候群など、全身性の筋肉の疾患をお持ちの方
  • 妊娠する可能性のある婦人は、投与中及び最終投与後2回の月経を経るまでは避妊する。[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない。]
  • 男性は、投与中及び最終投与後少なくとも3ヵ月は避妊する。[精子形成期間に投与されることを避けるため。]

施術後の注意点

  • 施術後は、顔をこすったり、マッサージしたりするなどの刺激をできるだけ避けてください。
  • 施術当日はサウナや激しい運動、飲酒など、血行を促進するようなことは避けてください。
  • ボトックス注射に用いる薬剤の胎児に対する安全性はまだ確認されておりません。そのため、ボトックス注射の施術を行った後は、女性は2回の月経を経るまで、男性も3カ月は避妊する必要があります。
  • ボトックス注射は、アレルギーのある方など、一部の方には施術できないことがあります。施術前のカウンセリング時に医師が安全に施術できるかをしっかり確認させていただきます。

エラボトックスにかかる費用

種類 部位 金額
ボトックス(vista) エラ ¥72,000

エラボトックス以外のボトックスの施術一覧

その他施術紹介

予約・お問い合わせ

カウンセリングの予約・お問い合わせはこちら
※妊娠中・授乳中の方はご予約の際必ずご申告お願いいたします
088-602-7351
受付:10~19時/定休日:木・日・祝日