目尻切開

目尻切開とは?

目尻切開は、目の外側部分(目尻部分)を切り開き、目の横幅を広げる施術です。目が小さくて悩んでいる方や、切れ長の美しい目元を手に入れたい方に、人気の高い施術といえます。

当院の目尻切開は、患者様のお顔全体のバランスを拝見し、なりたい目元のイメージをお伺いした上で、入念なデザインを行います。施術前の丁寧なデザインは、ご希望に近い仕上がりを実現するためにも重要です。そのため当院は、カウンセリングにお時間を頂戴しております。また、当院は患者様の理想とされる目元に合わせて、その他の施術を組み合わせていただくことが可能です。患者様のご希望に沿った、最適な施術方法のご提案をさせていただきますので、まずは一度、当院までご相談ください。

しらさぎ形成クリニックでは、こんなお悩みの方が目尻切開を受けています。

  • 目が小さいのがコンプレックス
  • 目の横幅を広げたい
  • 切れ長で魅力的な目元になりたい
  • 離れて見える目のバランスを整えたい
  • つり目やタレ目を改善したい
  • 自然に目を大きく見せたい
  • 目の横幅が広く見えるメイクをしている

しらさぎ形成クリニックの目尻切開

当院は、患者様の目元やお顔全体のバランスに合わせて、目尻切開の施術を行なっております。

◆特徴その1:黄金比に基づいた理想的なデザイン


当院の目尻切開は、目元の黄金比をもとに、入念なデザインをさせていただきます。一般的に、目の幅と目と目の間の距離は、1:1:1が美しく見える比率だといわれています。そのため、たった1mm目尻を広げるだけでも、目元の印象は大きく変わるのです。少しの変化が大きな違いを生むことから、当院ではデザインに特に力を入れております。患者様のお顔のバランスや目元のバランスに合わせて、お一人おひとりに適したデザインをさせていただきますので、まずは理想の目元のイメージや、目の形など、お気軽にご相談ください。

また、目尻切開は、患者様の目元の状態によっては、適応されないケースがあります。目尻部分を、ご自身で横方向に引っ張っていただき、白目部分が隠れていれば、目尻切開は効果的だと考えられますが、白目部分がなく、すぐに粘膜が見えてしまう場合には、目尻切開が適さないといえるでしょう。

このように、患者様が目尻切開をご希望されていたとしても、高い効果が見込まれない場合には、理由をしっかりとお伝えし、他の治療方法をご提案する場合があります。当院は、患者様に最適だと考えられる施術をご提供できるよう、お一人おひとりにじっくりと向き合い、施術のご提案やデザインをさせていただきます。

◆特徴その2:施術方法は「V-Yflap法」を採用

当院の目尻切開は、目尻をY字に切開し、V字に縫合する、V-Yflap法を採用しております。V-Yflap法は、切開する範囲をミリ単位で細かく調整することが可能です。そのため、患者様お一人おひとりの目元の状態や、ご希望に合わせた、理想の目元を形成することが期待できます。

◆特徴その3:施術を組み合わせてご希望の目元を形成

当院の目尻切開は、他の施術を組み合わせることで、より患者様の理想に近い目元を形成することができます。

例えば、パッチリとしたかわいらしい目元に近づけたい方には、二重整形を同時に受けていただくことで、縦方向にも横方向にも目の幅を広げることができ、より大きな目元の形成が期待できるのです。また、目元のたるみが気になる方には、たるみ取りの施術を併用いただくことで、若々しい目元と、横幅の広い目元を、同時に叶えることが期待できます。

理想の目元は、患者様によって異なるため、カウンセリングにてお悩みをお伺いさせていただき、お一人おひとりに合わせた、オーダーメイドの施術方法のご提案をさせていただきます。

治療の流れ

①カウンセリング
施術前に、カウンセリングをお受けいただきます。患者様のお顔全体のバランス、目元のバランスを拝見し、お悩みをお伺いした上で、施術が適応されるかを確認します。また、カウンセリングの際に、患者様のご希望に合わせて、その他の施術をご提案する場合もございます。
②デザイン
目尻切開が適応される場合は、デザインを行います。ミリ単位で丁寧にデザインすることで、患者様の理想の目元に近づけることが可能です。
③麻酔
目尻切開は、麻酔を用いて手術を行います。各種麻酔につきましては、カウンセリング時にお伝えさせていただきます。
④手術
麻酔が十分に効いていることを確認し、手術を開始します。傷跡ができるだけ目立たなくなるよう、丁寧に縫合し、手術完了です。
⑤術後
目尻切開の施術後は、当日にお帰りいただけます。目元には糸がついている状態のため、サングラスや伊達メガネをご持参いただくとよいでしょう。

目尻切開についてのよくある質問

目尻切開のダウンタイムの症状や合併症、期間について教えてください。
目尻切開のダウンタイムには、個人差があります。症状や期間の目安は、下記の通りです。

【症状】痛み・熱感、腫れ、内出血、術後の後戻り、広げた部分はまつ毛が無い、切開量の個人差、過矯正、低矯正
【期間】痛み・熱感は1〜2日ほど、そのほかの症状は1〜2週間ほど
【自然な仕上がりになるまで】1ヶ月ほど

目尻切開の施術後、傷跡は目立ちますか?
当院の目尻切開は、傷跡ができるだけ目立たないよう、丁寧な縫合を心がけております。しかし、目尻切開の施術後、抜糸までは糸がついているため、傷跡は目立ちやすいといえるでしょう。また、抜糸後1ヶ月程度は、傷跡に赤みがありますが、術後の経過とともに落ち着いていくため、過度なご心配はいりません。
目尻切開の後戻りや失敗を防ぐ方法はありますか?
目尻切開は、他の施術に比べて、後戻りしやすいといえます。そのため当院は、切開した部分がしっかりと定着するよう、患者様お一人おひとりの状態に合わせて、抜糸の時期を調整しております。基本的に1週間ほどで抜糸しますが、後戻りを防ぐために、抜糸の時期を遅らせることがあるため、あらかじめご了承ください。また、失敗を防ぐためには、施術前のデザインが重要だと考えております。カウンセリングにて、患者様に向き合い、仕上がりのイメージやデザインを共有した上で、施術を行います。施術前の丁寧なデザインや、仕上がりイメージの共有によって、目尻切開の失敗を防ぐことが期待できます。
目尻切開の施術中は痛いのですか?
目尻切開の施術中には、麻酔を使用します。そのため、痛みを感じることはほとんどありません。
目の横幅を広げたい場合、目頭切開と目尻切開どちらが適していますか?
目の横幅を広げたい場合、目頭切開もしくは目尻切開が適用されることが多いですが、どちらが適しているかは、患者様によって異なります。カウンセリングにて、適した施術方法のご提案をさせていただきますので、まずは一度当院までご相談ください。

目尻切開における注意点

目尻切開は、患者様のお顔全体のバランスや、目元のバランスによっては、おすすめできない場合があります。カウンセリングにて、患者様のお悩み・ご希望をお伺いし、お顔のバランスを拝見した上で、別の施術をご提案する可能性があります。あらかじめご了承ください。

また、施術後の腫れが気になる場合は、目元を濡らさないようにして、保冷剤や氷水で冷やすとよいでしょう。目元を冷やすことで、腫れを抑える効果が期待できます。

項目 詳細
手術時間 60分程度
ダウンタイム、合併症 【期間】1〜2週間程度
【症状】腫れ、内出血、術後の後戻り、広げた部分はまつ毛が無い、切開量の個人差、過矯正、低矯正
抜糸の有無 目尻切開は、施術の約1週間後に抜糸を行います。

目尻切開の料金表

種類 金額
目尻切開 ¥240,000

目尻切開以外のまぶたの施術一覧

その他施術紹介

予約・お問い合わせ

カウンセリングの予約・お問い合わせはこちら
※妊娠中・授乳中の方はご予約の際必ずご申告お願いいたします
088-602-7351
受付:10~19時/定休日:木・日・祝日