陥没乳頭修正

HOME > メニュー > しわ・たるみ > 陥没乳頭修正

陥没乳頭修正術とは?

陥没乳頭とは、乳頭(乳首)が乳房に埋もれている状態のことを言います。見た目の美しさの問題や、乳腺炎になりやすいなどといった問題があるため、改善したいと考えられる方が多いです。このような陥没乳頭の治し方のひとつに、陥没乳頭修正術があります。

陥没乳頭は、先天的な原因と後天的な原因によって生じます。先天的な原因としては、乳管(母乳が通る管)が乳頭を内側に引き込むことが挙げられます。後天的な原因としては、乳房の手術・乳腺炎・ガンなどが挙げられます。

また、陥没乳頭は3種類に分けられます。それぞれの違いは下記の通りです。

グレード1:刺激を与えることで、陥没している乳頭が突出し、ある程度の時間保持される

グレード2:刺激を与えることで、陥没している乳頭は突出するが、状態を維持できずに元に戻ってしまう

グレード3:刺激を与えても、陥没している乳頭が突出しない

グレード1の陥没乳頭の場合は、刺激を与えれば乳頭が突出するため、それほど大きな問題ではありません。しかし、グレード2・グレード3の陥没乳頭の場合は、見た目の問題だけでなく、乳腺炎になりやすい・授乳が困難などの問題が生じます。乳腺炎は母乳が乳管に詰まることで起こり、痛み・発熱・乳頭のにおいなどが生じる原因となります。マッサージなど、自力で治すことは困難なため、グレード2・グレード3の陥没乳頭の場合は、手術を受けられるほうが良いでしょう。

しらさぎ形成クリニックでは、こんなお悩みの方が陥没乳頭修正術を受けています。

  • 陥没している乳頭がコンプレックス
  • パートナーに陥没乳首を指摘された
  • 陥没乳頭が気になり友達と温泉に行けない
  • 将来は母乳で子どもを育てたいので陥没乳頭を治しておきたい
  • 乳腺炎になりやすいのでなんとかしたい
  • 陥没乳頭を治すグッズを使ったけれど改善されなかった
  • 理想的な乳首の形になりたい

しらさぎ形成クリニックの陥没乳頭修正術

しらさぎ形成クリニックの陥没乳頭修正術は、患者様のご希望にあわせたデザイン・施術方法を決定した上で手術を行います。

特徴その1:患者様に適した手術方法をご提案

陥没乳頭修正術には、乳管を保存する方法・乳管を保存しない方法の2種類があります。将来授乳する可能性があるかなどを考慮し、患者様のご希望やお悩みをお伺いした上で、手術方法を決定していきます。

手術後に結婚・妊娠・出産を予定されており、赤ちゃんを母乳で育てたいとお考えの患者様も、乳管を保存して手術することができますので、安心して手術をお受けいただけます。陥没乳頭は、他の人に相談しにくい内容となるため、まずはお気軽に当院までご相談ください。

特徴その2:丁寧なカウンセリングで乳頭の形をデザイン

陥没乳頭修正術では、乳腺炎を予防したり、授乳しやすくしたりと、陥没乳頭の問題点を解決することが見込まれます。それだけでなく、当院の陥没乳頭修正術では、見た目の美しさにもこだわっています。

患者様のお悩みをカウンセリングでじっくりとお伺いし、入念に乳頭のデザインを行います。乳頭が変わるだけで、胸全体の印象が変わるため、当院では特にデザインにこだわっております。患者様のお気持ちに寄り添い、美しい見た目の乳頭を形成できるよう心がけておりますので、お気軽にご相談ください。

また、他院で受けられた陥没乳頭修正術に満足できなかった患者様は、当院でセカンドオピニオンを受け付けておりますので、お一人で悩まれずにまずはご相談ください。

特徴その3:傷跡が目立ちにくい手術

陥没乳頭修正術では、丁寧に細かく縫合し、傷跡ができるだけ目立たなくなるように手術を行います。そのため、友達と温泉などに行っても、手術を受けたことがわかりにくく、安心して楽しんでいただけます。陥没乳頭のデザインや仕上がり、傷跡などについては、カウンセリング時に細かくお伝えしますが、ご不明点やご不安な点がありましたら、いつでもお気軽にお申し出ください。

治療の流れ

①カウンセリング
施術前にカウンセリングを受けていただきます。陥没乳頭の状態を拝見し、患者様のご希望やお悩みをお伺いした上で、施術方法を決定します。また、乳頭のデザインも行います。
②麻酔
陥没乳頭修正術は、麻酔をして手術を行います。そのため、痛みに弱い患者様も安心して手術をお受けいただけます。
③手術
麻酔が十分に効いていることを確認し、手術を開始します。個人差があるものの、手術時間はおよそ20分です。
④術後
手術が終わりましたら、術後の経過やアフターケアについてご説明いたします。ご不明点やご不安な点がありましたら、お気軽にお申し出ください。

陥没乳頭修正術についてのよくある質問

陥没乳頭修正術のダウンタイムを教えてください。
個人差があるものの、陥没乳頭修正術の手術後は、腫れや内出血が生じる可能性があります。腫れは術後の経過とともに2週間程度、内出血は1〜2週間程度で引いていくことが多いため、過度なご心配はいりません。
陥没乳頭修正術の手術中は痛みを感じますか?
陥没乳頭修正術は、個人差がありますが、手術中に麻酔を使用するため、痛みを感じることはほとんどありません。また、極細の針を用いて麻酔を注入するため、麻酔時の痛みもほぼなく、痛みがご不安な患者様にも安心して施術をお受けいただけます。また、手術後2〜3日は乳頭が痛いと感じることがありますが、その際には処方いたします痛み止めを服用ください。痛みは術後の経過とともに落ち着いていきますので、ご安心ください。
陥没乳頭は治療したほうが良いですか?
陥没乳頭は、見た目だけでなく、乳腺炎になりやすい・授乳しにくいなどの問題を引き起こす可能性があります。陥没乳頭は、刺激を与えて乳頭が突出し維持できる場合、刺激を与えて乳頭が突出しても維持できない場合、刺激を与えても乳頭が突出しない場合の3種類あります。特に、刺激を与えても乳頭が突出しない場合は、垢や汚れが溜まりやすく、乳腺炎を引き起こしやすいです。このような場合には、手術を受けるほうが良いでしょう。ご自身の親指と人差し指で乳頭を持ち上げてみると、陥没乳頭かを判断することができます。刺激を与えても乳頭が突出しない場合は、クリニックにご相談ください。
陥没乳頭修正術の手術後は授乳が可能ですか?
陥没乳頭修正術には、乳管を保存する方法と乳管を保存しない方法の2種類の手術方法があります。将来授乳のご予定がある場合には、乳管を保存する手術方法をご提案いたしますので、手術後の授乳も問題なく行えます。ただし、ごく稀にですが、乳頭の手術となるため授乳しにくく感じられる場合があります。ほとんどの患者様が、陥没乳頭修正術の手術後も問題なく授乳されているので、過度なご心配はいりませんが、ご不明点やご不安な点がある場合には、お気軽にお申し出ください。
陥没乳頭の手術を受けられない人はいますか?
陥没乳頭修正術は、重度の糖尿病の患者様・膠原病等の自己免疫疾患をお持ちの患者様・末梢循環不全のある患者様にはお受けいただけません。あらかじめご了承ください。また、手術の可否がご心配な患者様は、当院までお問い合わせください。
陥没乳頭修正術は傷跡が目立ちますか?
陥没乳頭修正術は、傷跡ができるだけ目立たないよう、丁寧に細かく縫合して手術を行います。そのため、手術後の傷跡はわかりにくくなります。また、友達と温泉などに行っても、手術を受けたことがバレることはほとんどありません。乳頭周辺は傷が治りやすい組織のため、術後の経過とともに、半年程度で傷跡が目立ちにくくなっていきます。手術後の傷跡についてご不安な方も、安心して施術をお受けいただけます。
陥没乳頭修正術は保険適用されますか?
陥没乳頭修正術は、40歳未満で将来授乳する可能性がある場合、保険が適用されることがあります。授乳が困難・授乳に障害がある場合に保険適用されますが、最終的な判断は医師が行いますので、まずは一度ご相談ください。

陥没乳頭修正術における注意点

陥没乳頭修正術では、基本的に手術後1週間で抜糸を行います。抜糸までのあいだは、できるだけゆとりのあるブラジャーを着用してください。また、手術後胸にガーゼを当てますが、当院で抜糸時にお外しいたします。

手術当日からシャワーは可能ですが、傷口を濡らさないように注意してください。また、体が温まりすぎないよう、短時間で済ませるようにしてください。湯船での入浴は、抜糸の2日後から可能です。

激しいスポーツ・うつぶせ寝などは、手術後3週間は控えてください。陥没の程度が強い患者様は、再手術が必要になる可能性があります。

その他にも、ご不明点やご不安な点がある場合には、いつでも当院までお問い合わせください。

項目 詳細
施術時間 個人差があるものの、20分程度のことがほとんどです。
ダウンタイム 手術後2週間程度は、腫れが生じる可能性があります。また、内出血は1〜2週間程度で落ち着くことがほとんどです。
抜糸の有無 基本的に手術の1週間後に抜糸します。

陥没乳頭修正術の料金

※陥没乳頭のグレードにより、保険適用となる場合がございます。詳しくはお問合せやカウンセリングにてご相談ください。

種類 金額
陥没乳頭修正術 ¥240,000
静脈麻酔+血液検査が別途必要となります

陥没乳頭修正以外の豊胸施術一覧

その他施術紹介

予約・お問い合わせ

カウンセリングの予約・お問い合わせはこちら
※妊娠中・授乳中の方はご予約の際必ずご申告お願いいたします
088-602-7351
受付:10~19時/定休日:木・日・祝日