しらさぎ形成クリニックの美容コラム

しわ・たるみ

ヒアルロン酸注入とは?効果・施術部位・注意点などを徹底解説

美容治療と言えば最初に思い浮かぶのがヒアルロン酸注入というほどに、広く知られています。その一方で、具体的な効果や施術可能な部位などについてはご存じない方が多いのが現状です。そこで本記事では、ヒアルロン酸注入の特徴、効果、施術可能な部位、注意点などについて詳しく解説します。

ヒアルロン酸とは、人の皮膚や関節、眼球などに含まれている保湿成分です。肌においては、うるおいや弾力を保つ役割を持ち、外的刺激から肌を守るバリア機能の一端を担っています。ヒアルロン酸は絶えず生産されているのですが、その生産量は30代以降から急速に減少し始め、小じわやカサつきなどのトラブルが起こりやすくなるのです。

ヒアルロン酸注入は、この人の身体に元々存在するヒアルロン酸を注入することで、若々しい肌へと改善します。

ヒアルロン酸注入ができる箇所は、頬、顎、額、口元のほうれい線、頬、ゴルゴライン、おとがい部などです。基本的には、顔の小じわやしわが気になるところであれば、どこにでも注入できます。

ヒアルロン酸注入と一言でいっても、メーカーによって特徴が異なります。例えば、持続性が長いもの、弾力性に優れているもの、柔らかさがあるものなどがあり、それぞれ適した施術も異なるのです。ヒアルロン酸注入を検討する際は、どのようなヒアルロン酸製剤を使用するのか医師に確認しましょう。

ヒアルロン酸注入を検討する際は、そのメリットについて理解することが大切です。ヒアルロン酸注入のメリットについて詳しく見ていきましょう。

即効性に優れている

ヒアルロン酸注入は、施術の直後から効果を実感できます。施術部位が腫れることもないため、しわが改善したことが目で見てわかります。

仕上がりが自然

ヒアルロン酸注入は、適切な注入量や注入箇所を見極めることで、自然な仕上がりを実現できます。ただし、医師の技術や経験によって仕上がりが異なるため、ヒアルロン酸注入を受けるクリニックは慎重に選ぶことが大切です。

ダウンタイムがほとんどない

ヒアルロン酸注入は、注射器でヒアルロン酸を注入する施術のため、傷は注射針が刺さったところの小さな穴のみです。そのため、美容整形の付き物である痛みや腫れなどのダウンタイムはほとんどありません。また、ヒアルロン酸はもともと体内に存在する成分のため、アレルギー反応が起きる心配もほとんどなく、安心して受けることができます。

ヒアルロン酸注入は手軽に受けられる施術である一方で、次のようなデメリットもあるため、ご自身に適しているかどうか十分に検討しましょう。

効果を維持するには定期的な施術が必要

ヒアルロン酸は身体に吸収されるため、効果を維持するには数ヶ月に1回のペースで追加施術を受ける必要があります。クリニックに通うのが難しい場合は、ヒアルロン酸注入は向いていないかもしれません。ただし、ヒアルロン酸注入は施術時間だけであれば10分程度のため、忙しい方でも継続的に施術を受けやすいでしょう。

絶対に副作用が起きないわけではない

ヒアルロン酸注入はダウンタイムがほとんどないとお伝えしましたが、絶対に副作用が起きないわけではありません。内出血や腫れ、むくみ、痛み、違和感、感染症、アレルギー反応のリスクがあります。

ただし、いずれも軽い症状であることが多く、赤みが出たとしてもメイクで隠せる程度のため、大きな心配はありません。

ヒアルロン酸の注入量には限界がある

ヒアルロン酸の注入量には限界があるため、必ずしもご自身の希望どおりの仕上がりになるとは限りません。例えば、頬が大きく痩せこけているのを改善したい場合、その度合いによっては満足できる仕上がりにならない可能性があります。

ヒアルロン酸をどこにどれだけ注入すれば理想の見た目になるのか、医師から詳しい説明を受けましょう。

合併症のリスクがある

血管閉塞を起こす可能性があります。

ヒアルロン酸注入は定期的に受けなければ効果を維持できません。これは仕方のないことですが、短期間で何度も通院するのはストレスになるのではないでしょうか。ヒアルロン酸注入の通院をなるべく減らしたい場合は、次のポイントを押さえましょう。

生活習慣を整える

睡眠不足や栄養不足などの生活の乱れは、ヒアルロン酸の生成量の低下を招きます。その結果、ヒアルロン酸の吸収スピードが早くなり、次回施術日までの間隔が短くなる恐れがあります。どの程度の影響があるかは不明ですが、少しでも効果を長く維持したいのであれば生活習慣を整えましょう。

施術部位のマッサージはしない

施術部位を強くマッサージすると、形が変形し不自然な見た目になる場合があります。施術から1週間後までは、施術部位のマッサージは控えましょう。化粧水や乳液をやさしく塗る、丁寧に洗顔するなどのケアは普段どおり行えます。

RF美顔器は使わない

RF美顔器は、高周波のラジオ波を肌に照射し、熱を発生させることで新陳代謝を促す機器です。新陳代謝が高まるとヒアルロン酸の消費が早くなるため、ヒアルロン酸注入の効果が早く失われる恐れがあります。

ヒアルロン酸注入の後は、副作用が起きる可能性を少しでも下げるために、次のことに注意しましょう。施術当日は激しい運動や飲酒など身体を温める行為を避けてください。身体を温めると血流が良くなり、赤みが出やすくなります。また、すでに出ている赤みが改善するのにも時間がかかるようになるため注意が必要です。

ヒアルロン酸注入のメリットは、施術部位に大きな傷ができたり強く腫れたりしないため、翌日の仕事や学校に影響を及ぼさないことです。このメリットを得るためにも、施術後の注意点を守りましょう。

ヒアルロン酸注入は、肌にヒアルロン酸を注入することでしわを改善する施術です。手軽に受けることができる一方で、医師のスキルや経験次第で仕上がりが変わるという注意点もあります。そのため、信頼できるクリニックでヒアルロン酸注入を受けた方がよいでしょう。

しらさぎ形成クリニックのヒアルロン酸注入は、経験豊富なドクターが注入箇所や注入量を見極め、自然な仕上がりになるように施術いたします。また、当院では従来のヒアルロン酸の2~3倍もの効果期間が期待できるアラガン社製のヒアルロン酸を使用しております。

長持ちするヒアルロン酸注入を受けたい、自然な仕上がりの美容整形を受けたい方は当院までお気軽にご相談ください。

予約・お問い合わせ

カウンセリングの予約・お問い合わせはこちら
※妊娠中・授乳中の方はご予約の際必ずご申告お願いいたします
088-602-7351
受付:10~19時/定休日:木・日・祝日